社会医療法人社団 愛心館 愛心メモリアル病院

〒065-0027 札幌市東区北27条東1丁目1-15

TEL:011-752-3535
※急患の場合は、上記以外でも365日診察致します。


当院について

薬剤部のご案内

当院では常時薬剤師が勤務しており、患者さんが安全で適正な薬物治療が受けられるよう努めています。 主に、外来・入院患者さんの薬の調剤、病棟回診の同行、無菌点滴製剤の調製、入院患者さんへの薬の説明などの業務を行っております。
薬剤部02

病棟回診の様子

病棟の回診時に薬剤師が同伴しております。
写真は左側から、看護師、薬剤師、医師、医事課スタッフです。







当院は院内処方です!

愛心メモリアル病院では、外来患者さんへのお薬の処方は“100%院内処方”で行っております。 診察後に、院内の窓口で薬剤師がお薬をお渡しします。 その際、お薬の効能や飲み方の説明を行います。 調剤薬局で薬を渡す院外処方と異なり、診察の情報や、検査結果、過去の入院中の情報などを把握することができるので、より患者さんひとりひとりに合わせた薬の説明と、安全な処方のチェックを行うことができます。

お薬について

お薬の服用方法

処方された薬は、袋に書かれた飲み方のとおりに服用してください。 また、お薬とともにお渡ししている“薬剤情報提供書”にもお薬の飲み方や注意点が記載されていますので、よくお読みください。 直射日光、多湿をさけて保管してください。 また、『冷所保存』のものは冷蔵庫で凍結をさけて保管してください。 お薬のことで不明な点がある場合は、薬剤部までお問い合わせください。 『食 食後とは、食事終了後30分以内に薬を服用することをいいます。 『食 食前とは、食事開始の30分くらい前に薬を服用することをいいます。 『食 食間とは、食事と食事のあいだに薬を服用することをいいます。 食事と前後2時間程度あけることがのぞましいです。

一包化調剤をおこなっています。

処方されているお薬の種類が多くて、「飲み方が分かりにくい」、「飲み忘れる」といったことはないでしょうか? そのような患者さんのために当院では、“一包化調剤”を受け付けております。 “一包化調剤”とは、1回で服用する分の薬を1パックのシートにまとめたものです。 一包化により数種類の薬を飲み分ける手間を省くことができます。 ご希望の方は、お申し出ください。
※他の病院から処方された薬を一包化することは受け付けておりません。

お薬手帳、お持ちですか?

お薬手帳とは、患者さんの服用しているお薬の内容を記録する手帳です。 病院や調剤薬局でお薬をもらう際に、処方薬の内容が記載されます。 多数の病院からお薬が処方されている場合、1冊にその内容をまとめることができるので、同じ薬が処方されてしまう“重複投与”や飲み合わせの良くない薬があった場合、薬剤師がそれをチェックすることができます。 手帳をお持ちの方は、お薬が処方される際には必ず内容を記載してもらってください。 愛心メモリアル病院でも配付をしておりますので、ご希望の方はお申し出ください。


loading